整体スクールへ通いましょ~学校の魅力を知る~

資格が欲しい

柔道整復師という資格ついて

運動をしていて捻挫や打撲をしてしまった時に接骨院などに通院することになります。その接骨院で処置をする人が柔道整復師と言われる人たちなのです。 柔道整復師とは、厚生労働省が認可した学校や文部科学省が指定した大学を卒業した者が国家試験を受けて合格すればなることができる資格なのです。 重度整復師になるための専門学校では3年以上在籍する必要があります。また、大学の場合は、解剖学や生理学、運動学などの臨床系の専門科目を履修する必要があります。 柔道整復師は、打撲や捻挫、挫傷などに対して手術をしないで整復や固定を行うことでその人が持っている治癒能力を引き出すということが主な仕事となります。 国家資格でもある柔道整復師は、カイロプラクティックや整体師とは全く異なるものとなります。

活躍する場所とはどのようなところか

柔道整復師は、国家資格であり資格をとるためには専門学校や大学を指定の科目を学ばなければなりません。 柔道整復師の専門学校などを卒業して国家試験に合格すれば、接骨院や病院などで働くことができるようになります。 専門学校は、全国に100校近くあるので学校選びは近くから選ぶことも可能といえるかもしれません。しかし、学校を選ぶときには近くにあるかどうかということも大切ですが、卒業生を多く輩出して合格者をたくさん出している実績があるかどうかも調べたほうがよいでしょう。 また、卒業後の就職のサポートについても大切になってきます。 専門学校には、昼間部や夜間部があり自分に合った方法では学ぶことができます。 医療機関でリハビリを行ったり、接骨院で働くことができるほか、独立開業もすることができるのが柔道整復師なのです。